福岡から四川省に出発!

旅行1日目:福岡から四川省に出発!

スポンサードリンク

ついに、四川省に出発する日が来ました。一日がかりの移動になります。

 

朝10時50分福岡空港発、香港現地時間15時着のキャセイパシフィックに乗る予定です。

 

中国と日本の時差は1時間ですから、順調に行け5時間10分の旅ということです。

 

家族に見送られて、荷物検査や、税関などを無事に通りぬけ、やっと飛行機に・・と、思いきや、私たちの飛行機乗り場が移動になっています。

 

他のお客の方は、空港に横づけされている飛行機に、そのまま乗り込む形なのですが、私たちはなぜか、張り紙の方向へ移動
をさせられることに。張り紙を見て、本当にこれからの旅行は大丈夫なのかと、心配になるほどの張り紙でした。

 

飛行場の張り紙

 

流れに沿っていわれるがまま、飛行機に。

 

飛行機での過ごし方

 

飛行機のお楽しみといえば、食事を挙げることができるでしょう。前もって、私と主人では食事を別々に頼んでおきました。

 

どうせ食べるのであれば、同じ食事より違ったメニューも見てみたい!

 

私は「ローコレステロールの食事」です。

 

ローコレステロールの食事

 

主人は「普通の食事」です。

 

普通の食事

 

どちらの食事も、満足できる味でした。

 

それから、ひたすら音楽を聴きながら台湾経由香港国際空港への長い長い飛行機の旅が始まりました。

 

飛行機は眠っている私たちを乗せたまま、香港に無事到着。

 

 

 

香港国際空港は何度か来たことがあるのですが、中国の中でもとても大きな空港の1つです。

 

乗り場を探して、自分の必要とする乗り場までの移動だけでも、迷子になるくらいの距離を歩きます。

 

やっとの思いで、自分たちの飛行機乗り場にたどりついたときには、もうクタクタになって、免税店での買い物もそっちのけで、ひたすら飛行機を待つことにしました。

 

 

 

ここ、香港国際空港で4時間、次の乗り継ぎの飛行機を待って、いざ、四川省の双流国際空港へと向かいます。

 

香港国際航空19時05分発中国成都双流国際空港着21時50着のキャセイパシフィックと提携している香港系「ドラゴン航空」の運営する飛行機に乗り込みます。

 

さすがは中国。あまり期待していないその期待通り、1時間遅れの香港出発です。

 

しかも、出発遅れの理由や謝罪のアナウンスは一切なし。笑うしかありません。

 

そして、私たちとしては、一時間遅れは計算のうちです。

 

中国は時間通り何かをするという習慣がないからです。

 

「まあ、一時間遅れだったら優秀。優秀。」と主人と話しながら香港国際空港を出発。

 

飛行機が香港国際空港を出発した際には、すでに夜になっており、香港の100万ドルの夜景が飛行機からきれいに見えます。

 

飛行機から見た香港の夜景

 

見事な香港の夜景を眼下に、またひたすら飛行機の旅が始まります。

 

ここ、香港から双流国際空港までは約2時間半。四川省に着くころは夜中になっています。

 

飛行機で成都に到着したその日は、そのままホテルにタクシーで直行し、眠ってしまいました。

スポンサードリンク

中国・四川省旅行記ブログ目次

旅行1日目

旅行2日目

旅行3日目

旅行4日目

旅行5、6日目

旅行7、8日目

旅行9日目

旅行10日目

リンク